仕様説明イメージ

仕様説明

仕様説明
冊子は、会社案内・商品カタログから記念誌・広報誌・学会誌・取扱説明書・写真集・個人出版など実にさまざまです。紙媒体を制作するには、印刷会社に原稿を渡して、綴じ方、用紙、ページ数といった仕様を決めていく必要があります。専門的な知識も必要ですので 簡単な仕様説明をまとめました。
不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください
用紙について

用紙サイズ一覧表

A

サイズ

A1

594mm × 841mm

A2

420mm × 594mm

A3

297mm × 420mm

A4

210mm × 297mm

A5

148mm × 210mm

A6

105mm × 148mm

B

サイズ

B1

728mm × 1030mm

B2

515mm × 728mm

B3

364mm × 515mm

B4

257mm × 364mm

B5

182mm × 257mm

B6

128mm ×182mm

A4サイズはコピー用紙に限らず、パンフレットやカタログなどから学術誌まで様々な冊子の仕上がりサイズに選ばれ、とてもポピュラーなサイズです。 一般的にA3・B4の無線綴製本の対応が難しいですが、弊社では対応可能です。大判サイズの横型製本はカタログ、会社案内、写真集など大迫力を一層アピールできます。

用途に合わせた印刷用紙

印刷用紙上質紙厚さ
上質紙はコピー用紙で使用され一般的によく手にする紙で文字中心の本によく使用され、文集や報告書などのモノクロ印刷などによく利用されます。
印刷用紙コート紙厚さ
コート紙は上質紙に比べて光沢があり手触りもなめらかでツヤもあり高級感ある冊子賀できます。写真が多い場合によく使用され、会社案内や商品カタログ、写真集などのカラー印刷などによく利用されます。
印刷用紙マット紙厚さ
マットコート紙はコート紙と比べて光沢を抑えて手触りもしっとりで落ち着いた感じがある冊子ができます。写真屋文字が多い場合によく利用され、記念誌や会社案内などの文字と写真が混在するカラー印刷などによく利用されます。
製本について
大阪製本無線綴じ
無線綴じはホッチキスを使わず本の背の部分を糊で固めて綴じます。綴じた本はいっぱいまで開くことはできないのでページの周囲に印刷できない部分もあるので、デザインレイアウトする場合に制限があります。本としては丈夫で長持ちしページ数が多い場合でも保存性に優れているのが特徴です。記念誌や商品カタログ、文庫本などでよく利用されるページ数が多い場合の一般的な製本方法です。
大阪製本中綴じ
中綴じは二つ折りにした紙の中心部分にホッチキスで綴じます。綴じた本はいっぱいまで開くことができるので自由にデザインレイアウトができます。ただし、ページ数が32ページを超える場合は中綴じの耐久性は弱くなり、4の倍数で構成されなければ本にならないのが特徴です。会社案内や施設案内、商品カタログでも多く利用されるページ数が少ない場合の一般的な製本方法です。
大阪製本平綴じ
平綴じは紙端にホッチキスで綴じます。綴じた本はいっぱいまで開くことはできないのでページの周囲に印刷できない部分もあるので、デザインレイアウトする場合に制限があります。本としても弱く長期間保管するには適しませんが非常に安価でできるのが特徴です。主にその日限りに使うセミナー資料、会議資料、簡単なマニュアルなどによく利用されます。
折り加工について
印刷して二つ折り
一枚の紙をセンターから二つに折ります。4ページ分作成することができます。会社案内、商品案内、サービスの紹介、イベント案内など。
印刷してZ折り
一枚の紙を三等分に折ります。ポスティングDMなどによく使われA4サイズなら長3封筒に入ります。商品案内、店舗紹介、開業案内、メニュー、フロアガイドなど。
印刷して三つ折り
一枚の紙を三等分に折り折りますが、巻き三つ折りと違ってZの字のようにおります。商品案内、店舗紹介、開業案内、メニュー、フロアガイドなど。
印刷して十字折り
一枚の紙を四等分に折ります。長辺を先におった後、短辺をおります。施設案内、フロアガイド、商店街マップなど。
印刷して観音折り
一枚の紙を四等分に折ります。端側を内に折った後さらに二つに折ります。商品案内、店舗紹介、開業案内、メニュー、フロアガイドなど。
ポケットファイル印刷
A4サイズより一回り大きいやや厚めの紙を二つ折りにした紙製のファイルです。二つ折りを開くと、右ページの下部分にポケットが付いており、4〜5枚のチラシを挟み込むことが可能です。また、ポケットフォルダーの中面の印刷にも対応しています。 会社案内、イベント配布資料、商品案内など。
冊子は、会社案内・商品カタログから記念誌・広報誌・学会誌・取扱説明書・写真集・個人出版など実にさまざまです。冊子を制作するには、印刷会社に原稿を渡して、綴じ方、用紙、ページ数といった仕様を決めていく必要があります。冊子を作成ときに多いご質問を集めたQ&Aのページがありますのでそちらもご覧ください。
 
お電話も承ります 06-6743-7998

HOME | 仕様説明